HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2020年 > トヨタ 超小型EV「C+pod」(シーポッド)発売
ITS情報、まちづくり情報

トヨタ 超小型EV「C+pod」(シーポッド)発売

[ Editor’s Column トヨタ ]

トヨタは、昨年東京モーターショーで紹介していた超小型電気自動車を12月25日発売した。toyota cpod 仕様03.jpgc⁺pod photo.jpg
商品名はC+pod(シー・ポッド) (販売は法人・自治体向けに限定、生産は元町工場)
※名前の由来:C+pod(シー・ポッド)の「C」と「pod」にはそれぞれ意味がこめられており、それらを組み合わせて車名にした。
C:compact(コンパクト)、communication(コミュニケーション)、connect(コネクト)、の「C」

道路運送車両法の車種区分及び安全基準は、軽自動車範疇に新たに認定された区分による。
従来の「超小型EV」が道路運送車両法で「第1種原動機付自転車(ミニカー)」、道交法で「普通免許」で折り合ってきた区分を「車室」を追加して軽自動車の一部と位置付けた。
超小型モビリティの区分04.jpg            出所:超小型モビリティ区分について(国土交通省)を加工
            https://www.mlit.go.jp/jidosha/jidosha_fr1_000043.html

123

<< 「交通・モビリティ」から見た「スマートシティ」の論点 | 記事一覧 | 2020年の交通事故死者は2,839人(前年比-376人、-11.7%) >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る