HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2019年 > ホンダ、日野がMONETに資本参加,約90社がコンソシーアム参加(追記)
ITS情報、まちづくり情報

ホンダ、日野がMONETに資本参加,約90社がコンソシーアム参加(追記)

[ ITS動向 トヨタ 自動運転 ]

ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社であるMONET Technologies株式会社(以下「MONET」)は日野自動車株式会社(以下「日野」)および本田技研工業株式会社(以下「Honda」)と、MaaS事業の価値向上とモビリティサービスユーザーへのサービス向上を図ることを目的に、2019年3月28日に資本・業務提携に関する契約を締結した。MONET04.JPG
日野およびHondaは、それぞれMONETに2億4,995万円を出資し、9.998%の株式を取得する予定。

また、同日「MONET」は「MONETコンソーシアム」を設立、小売、旅客、物流、医療など10業種からJ計88社が参加したと発表した。モビリティイノベーションの実現に向けた『なかまづくり』の一環としている。

MONET01.JPGMONET02.JPG

20190328monet02.JPG
MONETはすでにオンデマンドモビリティサービス領域において、自治体や企業と連携して「地域連携型オンデマンド交通」「企業向けシャトルサービス」の実験を17ヶ所で開始しており、現在,全国約150自治体との協議を進めていると明らかにした。また、自動運転機能をもった電気自動車の『e-Pallet』を「2023年をめどにモネのサービスのひとつとして投入したい」との方針を示した。
なお、28日グランドハイアット東京で開催された事業戦略説明会には、トヨタは豊田社長自ら登壇するなど「本気度」を示した。
20190328monet03 (3).jpg


<< 連結トラックによる共同輸送開始 | 記事一覧 | 「MONET」が目指す「移動サービス」(追記) >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る