HOME > ITS情報、まちづくり情報 > 2020年 > トヨタ TRI-AD改組 ー投資会社追加設立ー
ITS情報、まちづくり情報

トヨタ TRI-AD改組 ー投資会社追加設立ー

[ ITS動向 トヨタ 自動運転 ]

トヨタ自動車は7月28日、自動運転ソフトウエア開発子会社TRI-ADを、来年1月に持ち株会社に組織変更した上で名称を「ウーブン・プラネット・ホールディングス=Woven Planet Holdihgs」に改めると発表した。
同社の下に事業会社として、TRI-ADを引きつぐWoven Coreと今年CESで発表した裾野市での新都市構想Woven Cityなどのプロジェクトを担うWoven Alphaの2社制とする。
発表に先立ち,豊田社長はTRI-AD内での社員への説明会で、新持ち株会社に個人として出資すると述べた。いずれの新会社もgoogle出身でトヨタ取締役であるTRI-AD社長のジェームス・カフナー氏が社長に就く。なお、同社には章男社長の長男大輔氏が役員をしている。(資料出所 TRI-AD,トヨタ公式サイト、News Picks社)
新組織TRIAD.jpg新組織TRIAD33.jpg


またTRI-ADは、9月10日 傘下に8億ドルを基金とする投資会社「ウーブン・キャピタル」を設立すると発表した。新会社の概要は以下の通り。
triad02.jpg

<< 国交省 高速道のETC専用化に向けた検討開始 | 記事一覧 | >>

じゃんだらリング活動情報へのコメントなどは、豊田市を中心とした地域密着型SNS『じゃんだらリング』からお寄せください。

上に戻るトップページに戻る